6月21日 雛見沢村住民がほぼ全滅状態になった日 [ 秋田発 非日常行き の 急行列車 ]
スポンサー広告 > 6月21日 雛見沢村住民がほぼ全滅状態になった日
ネタ > 6月21日 雛見沢村住民がほぼ全滅状態になった日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

6月21日 雛見沢村住民がほぼ全滅状態になった日


昭和58年   

6月21日は

雛見沢村住民がほぼ全滅状態になった日です。

大変痛ましい災害でした。

被害者のご冥福をお祈りします。





雛見沢村

雛見沢村(ひなみざわむら)は、連作サウンドノベル『ひぐらしのなく頃に』(製作:07th Expansion)の舞台として設定された架空の村落である。時代設定は昭和58年であり、雛見沢には古い村社会の風習が残されている。
山奥の寒村で人口は約2000人。豊かな自然環境を持つ。被差別村落であったことや、村を沈めることになるダム建設計画に村ぐるみで反対運動をおこなった経緯から、村人間の連帯は非常に強い。古い風習により村の運営は御三家とよばれる一族の合議で定められる。とくに、その一つ園崎家が政治面、経済面で主導権を握り、実質的に村を支配している。

昭和58年6月21日深夜から翌22日未明にかけて、大規模なガス災害が発生し村人は全滅した。但し祟殺し編で雛見沢にいたはずの圭一は被害に遭わなかった(綿流し編・目明し編・祭囃し編を除く)。旧村域は厳重に閉鎖されたが、約20年後に解除された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/雛見沢村


へば

ぽちっとな

おたく(ヲタク)日記 ブログランキングへ

ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 6 (最終巻) [Blu-ray]







関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。