飛行機は離陸と着陸 どっちが難しい? [ 秋田発 非日常行き の 急行列車 ]
スポンサー広告 > 飛行機は離陸と着陸 どっちが難しい?
日々勉強 > 飛行機は離陸と着陸 どっちが難しい?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

飛行機は離陸と着陸 どっちが難しい?

おこんばんわ、

ありがたく風邪をいただいて、

またしてもグダグダのヨミヨミです。

略してグダヨミです。


なーんだ、いつもの事かって思わないでください(苦笑)



流石に苦しかったんで、一日横になって、読書三昧でしたが、

先日購入した

航空事故の過失理論 如何なるヒューマンエラーに刑事不法があるのか
池内宏/共著 海老池昭夫/共著



を読んでいて、ふと気になったのですが、

飛行機という乗り物は、

離陸が難しいのか?

着陸が難しいのか?

どっちなんでしょう?


わたくし、飛行機の操縦は残念ながらできないものですから、





無性に気になります。


どちらもそれぞれ難しいとは思うのですが、

素人にはよくわからないですよね?


一瞬の判断ミスで大惨事につながりますので、

やれって言われても諤諤するだけなんですがね。


現在、37度8分・・・

明日の朝まで熱は下がるのか?

有給は残っていないので休めない!!!

頑張れ俺


へば

ぽちっとな


関連記事
スポンサーサイト

こんばんは。
私もパイロットではありませんが、感覚として思いますに、やはり着陸の方が難しいと思います。
離陸は基本的にエンジンパワーマキシマムで滑空するだけで機体は上昇していきます。
着陸時はエンジンを失速ギリギリまで落とし、風向きを計算に入れながらファイナルアプローチを決めなければなりません。
そうしないと風に流されてしまい、可走路から左右にズレた位置に着陸してしまいます。
不意の横風で機体が傾いて、あわや大惨事寸前の着陸も結構あります。
また着陸後、止まりきれずに滑走路をオーバーランする機体もあります……。
着陸だけは、副操縦士にさせない点でも、その難しさと責任の重さが伝わって来ますね。

2014.01.09 01:18 朱雀 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。